バッグのお手入れ vol1

SONNE(ゾンネ)の商品をより長くお使いいただくために、基本的なレザーバッグのお手入れ方法をご紹介いたします。定期的にお手入れすることで、できる限り長くきれいな状態でご使用いただけます。革は人間の肌と同様に使い続けていくと、油分や潤いが失われていきます。また、汚れてしまった場合や雨等で濡らしてしまった際にもその都度お手入れをいただくことが大切です。

用意するもの

  • 革専用のオイルまたはクリーム
  • 鞄/革小物用ブラシ

■メンテナンスのタイミング

乾燥によって革表面の潤いが失われてきたタイミングで、オイルまたはクリームでのお手入れを行いましょう。実際に革の表面を手で触ってカサカサしていると感じたらお手入れが必要です。

■お手入れ方法

①ブラシで埃等の汚れを落とす

オイルを塗る前に、鞄の表面についた埃等の汚れをブラッシングによって取り除きます。鞄の中身を全て取り出し、用意したブラシで鞄全体のブラッシングを行いましょう。

②布でオイル or クリームを全体に塗布する

きれいな柔らかい布に、オイルまたはクリームを適量とります。付け過ぎるとシミの原因になりやすいため、バッグのサイズと状態を確認しながら、少量ずつ取り、クリームをバッグ全体に馴染ませます。
初めてお手入れする際は、バッグの底部分など目立たない場所で試してからしようされることをおすすめします。

クリームがしっかりと革になじみ、バッグ全体が乾いたらお手入れ完了です。使用するオイルまたはクリームによって、乾かす時間の目安は異なります。

■番外編:防水スプレーについて

シミや色落ち等、様々なトラブルの原因になる雨等の水による革濡れ。防水スプレーによってトラブルを軽減することが可能です。バッグのお手入れ後、全体に革専用の防水スプレーを吹きかけます。バッグから30cm程離して、全体にかけると有効です。こちらも防水スプレーが乾いたら完了です。防水効果は次第に失われていきますので、ご利用の頻度に合わせて定期的にご利用いただくのがおすすめです。

ついつい後回しにしてしまいがちなバッグやお財布のお手入れ。定期的なメンテナンスでバッグを美しく保つことで、品があり、清潔感のある生活をお過ごしください。